キャッシングでは教育ローンも利用できる

キャッシングにまつわる誤解はいろいろありますが、教育ローンが組めないという誤解も多くの方が持っている誤解の一つです。
教育ローンは目的別ローンとも言われ、子供や自身の学業にかかるお金を借りる仕組みです。一般的なローンに比べて金利が優遇され、長期で借りることが多く、また、無担保、無保証人で借りられることもある便利なローンの一つです。住宅ローンと並び、審査が厳しいと言われ、中でも、借入が多いと審査に響く、また、キャッシングが多いと審査が不利になるとも言われています。結論からいえば、キャッシングを利用していても、教育ローンや住宅ローンの審査に特別な影響はほとんどないと言われています。教育ローンや住宅ローンに審査に落ちた方がキャッシングを」していることが多かったから言われるようになったようですが、各種ローンの審査は、借りているローンの種類よりも、借りている金額と件数を特にチェックされます。教育ローンや住宅ローンは長期で返済を続けるローンですので、安定して返済できるかを審査されます。そのため、同じ金額を借りているが、借入件数がキャッシング一件のみの方とキャッシングではないローンを数件契約している場合では件数が多い方が審査には不利となることが多いようです。
キャッシングを利用していても住宅ローンの審査を通る方も多いようです。どのローンでも言えることですが、気を付けなくてはいけないのは、ローンの種類ではなく、借入件数と借入総額です。