来店不要のキャッシングの融資限度額について

キャッシングは多くの消費者金融や金融機関で提供されていますが、最近増えているのが、来店不要で契約できるキャッシングです。これまでのキャッシングは来店して申請書を書くことが必要な場合が多かったのですが、来店不要で、郵送もしくはインターネットでの申込で申請出来る場合が増えています。しかし、来店しないと融資限度額が低くなるという誤解が広がっているようです。
キャッシングやローンの審査は本人が来店してもしなくても、必要な書類である、所得証明や身分証明書、他からの借入状況の自己申告を使って厳密に行われています。そのため、来店したから審査が通りやすくなることもなければ、来店しないから通りづらいこともありません。
融資限度額が来店しないと低いという誤解は、キャッシングやローンは利用実績が無いと最初は低く設定されることが多いことを知らない方が多いということから来るようです。キャッシングやローンは利用者のローン会社への信用を意味します。ローン会社との付き合い、信用度は利用してきた実績から判断されます。そのため、収入が高くて、法的な利用限度額が高い場合でも、ローン会社との付き合いがなかったり、短かったりすると信用が0からスタートすることになり、融資限度額も低く設定されることが多いようです。融資限度額を増額するためには、ローン会社が利用者を認めて、この人なら貸しても良いと思えるように、キャッシングの利用回数を増やしたり、契約年数を増やす必要があります。